KiCad新バージョンのRC4が発行されました!

KiCadはこれまで年に1度、一般ユーザ向けのインストーラーを含めたバイナリビルドを発行しているのですが、2011年バージョンのRC4(リリース直前バージョン)が発行されました!今のところ、WindowsとUbuntu向けのものが公開されています。

ダウンロードはこちらからどうぞ。
Windows版は、「KiCad-2011-01-25-BZR2754_RC4a-WinXP_full_with_components_doc_install.exe」で、Ubuntu版は「kicad-2011-01-25-BZR2754_RC4a-UBUNTU_10.10_full_with_components_doc.tgz」です。

特に深刻なエラーなどがなければ、これがそのまま2011年バージョンとなる予定です。

kicad.jp的には、このリリースから正式にGUIに日本語を選択できるようになった(した)ところがポイントです!
まだ、このときは60数%しか翻訳終わってなかったんですけれど。。

ぜひぜひ、ご試用ください♪

カテゴリー: KiCadリリース パーマリンク

KiCad新バージョンのRC4が発行されました! への2件のフィードバック

  1. 園田欧星 のコメント:

    PCB用のCADとしてKiCadを検討しています。
    トランジスタ技術誌の2011年11月号の目次(5ページ)の上部の特設記事の部分の説明文に”16×10Cm×6層” と説明されています。この16×10Cmは基板のサイズの
    制限と思われますがネット上では”KiCad”は”Eagle”と違い基i板のサイズの制限が無い旨の書き込みが少なくありません。制限の有無と制限がある場合はその旨が記述されているURLを知りたいです。ご存知の方、宜しく御願い申し上げます。

  2. 園田欧星 のコメント:

    2011年11月30日付けで質問を発したKiCadの設計可能な基板のサイズが16×10Cmに制限されるかの件、トランジスタ技術誌の2011年11月号の目次(5ページ)の上部の特設記事の部分の説明が誤植であることが発行元から確認を取れました。

    以上、自己解決できましたのでご報告まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*